CMS選定でのサポートの重要性とか

2015年9月5日(土)にメビック扇町で開催されたCMS大阪夏祭り2015に参加してきました。福岡から参加されているbaserCMSの安部さんに会うという目的もあり参加してきました。
大阪に滞在するのは初めてだったのでなんとなく海外旅行気分でした。

CMS大阪夏祭り2015
http://cms-fes.info/

当日はセッションルームでずっとセッション聞いてました。
どれも気になるところ、改めて考えなおして見るところ、少し勉強してみようと思うところなどがある話ばかりでした。
(関西から東京に出てきた芸人風な?)KING 野田さんのビジネスの話も大変参考になりました。
LTタイムで11月の MTDDC Meetup TOKYO 2015 の告知をしたのですが、当日準備で話すとかまだまだですね。経験、練習が必要です、、、


CMSの話でいうと、世界中で多くのCMSがあり、日本でもいろいろなものが使われている状況で。
CMS自体の成り立ちによって、向き不向きは若干あるでしょうが、大体のCMSでできることが増えてきていて、星取表を作ったりとか多機能・柔軟性をうりにはするけれども、結局何でもできるのは難しいにもつながったりすることがあるなぁ。。。と。

開発する側が大変っていうのもあるでしょうし、採用するクライアントが大変ということもあるでしょう。クライアントにとってCMS選定が自分事になるという話もありました。
そういうのがあって管理画面をスリム化させる話などあったりと、なんだか行って帰ってみたいなことにもなったりしてますね。

ない機能は開発してしまうというスタンスもあります。MTでいいじゃん、xxxでいいじゃん、としてしまうのも結局判断基準であるような気がしました。


xxxでいいじゃんということであればそのCMSについてもちろん精通してるわけで、採用するクライアントが制作会社のサポートに安心感を持てるかと思います。
機能面でどうこうよりも「日本語」でのサポートを重視される場合も多そうです。

海外のCMSで優秀なものが多くあっても日本でなかなか広まらないのは言語の壁とサポート体制の壁があるんだろうなぁ、という気がしました。(新しすぎるからすぐ採用できない事情もあるかと思います)
メーカーなりのサポートという面ではCMSを採用するクライアントもですが、クライアントから依頼をうけて開発する制作会社にとっても重要だと最近感じることが多いです。国産CMSが日本で使われている理由もその辺が関係していそうです。

ディレクション案件でMTではないCMSを触った時や、別案件での開発を横から眺めているときなど、(CMS自体は最低限の機能を充足してる前提で)メーカーやエバンジェリスト、専門家のサポート内容が重要だと感じました。
CMSの機能がいいなー、とおもっても開発していて何かあった時にサポート窓口が英語だとやはり躊躇するところもありますね。

野田さんは「メーカーではなくサポートの会社」と言ってましたが、Alfasadoのパートナー入ってる一番のメリットがこれだとおもっているところもあります。

パートナー紹介 | PowerCMS - カスタマイズする CMS。
http://www.powercms.jp/partner/

仕事の紹介などあったりしますが、PowerCMS/MT で疑問なことを投げると即レスで返ってくる安心感があります。

うちでも MTAppjQuery をつかってもらっていて基本的な使い方の質問やカスタマイズの質問などが時々くるのでそういうのに対しては一番に回答していけるようにしたいと思いました。


CMSに全部のせるか、必要な機能については外部サービスと Integration させるか、今後どうなっていくのかはわかりませんが、Integration 的なのを伸ばしていくほうが制作者としては面白そうなきがしています。
WordPress なんかはその辺どんどん進んでいそうな気もしますし、MTもDataAPI使えばいろいろやれるんじゃないのかなぁーなんて思ったりしてます。
管理画面で MTAppjQuery つかってどうこうするとかもできるんじゃないかなぁなども。餅は餅屋的な感じで。

CMS自体での機能をどう構築するかとかはまだまだ考えが足りてないところもありますし、モジュール型の管理画面がいいのかなど、まだまだ知っておかないといけないところなどありますね。
要件にあわせてCMSベースで開発をすすめて管理画面作成からモックを構築して、モックを見せ調整しながらサイトを構築していくようなフローを確立させたいところです。やりたい詐欺状態です。

仕事がなかなか大変な状況だったんですが大阪まで行ってきてよかったです。


Comments

comments powered by Disqus