Craft CMS コンテンツ

Craft CMS コンテンツ

Craft CMS を初めて触る場合の参考リンクや、Craft CMSについてのTipsなどをまとめています

Craft CMS について


運用担当者にやさしいCraft CMSのポイント

リビジョン管理(バージョン管理)で自由に原稿の差し替えが可能

リビジョン管理(バージョン管理)で自由に原稿の差し替えが可能

バージョンを複数管理しておくことで、変更後公開前のコンテンツも管理しておくことが可能です。

入力内容にあわせた自由なインターフェイスで誰でも使える

入力内容にあわせた自由なインターフェイスで誰でも使える

Craft CMS の魅力はデータの種類に応じてセクションを持つことができ、そのセクションごとにデータの入力パターンを設定できるので、自由で使いやすいインターフェイスを作成することができます。

リアルタイムにプレビューしながら編集内容を確認できる

リアルタイムにプレビューしながら編集内容を確認できる

管理画面から入れたコンテンツが実際にどのように表示されるかをライブプレビュー確認しながら編集することが可能です。

共有リンクを送って外部の方でも公開前に確認ができる

共有リンクを送って外部の方でも公開前に確認ができる

Craft CMS では公開前の記事をプレビューリンクを送ることで外部の方にも閲覧・確認してもらうことができます。


開発者にとって Craft CMS のメリット

データ設計がしやすく変更にも強い

データ設計がしやすく変更にも強い

Craft CMS はデータを3つの種類のセクションのなかでエントリとして管理します。

同じ分類のデータでもちょっとだけ入力パターンが異なるといったことにも対応可能

同じ分類のデータでもちょっとだけ入力パターンが異なるといったことにも対応可能

セクションに入力タイプを複数用意すると同じセクションでありながら、入力欄が違うパターンを複数用意することができます。

各データのインポート・エクスポートが可能

各データのインポート・エクスポートが可能

1st party プラグインの Feed Me を使うことで多様な形式でのインポートができます。データのエクスポートも可能です。

会員制サイトが作りやすい

会員制サイトが作りやすい

Webサイトにユーザー登録をしてもらって、登録されたユーザ向けの会員制サイトが作りやすい。


管理者にとっての Craft CMS のポイント

1つのCMSで複数サイトを管理できる

1つのCMSで複数サイトを管理できる

Craft CMS はサイト機能を利用することで1つインストールすると別ドメイン、サブドメイン含めた別サイトを運用することが可能です。

複数ユーザの登録、グループ単位での管理が可能

複数ユーザの登録、グループ単位での管理が可能

Solo 版以外は複数ユーザが登録可能です。そのユーザをグループ分けして事業部単位や分けたい権限ごとにグルーピングができます。

ユーザ(グループ)ごとに権限周りの管理ができる

ユーザ(グループ)ごとに権限周りの管理ができる

Craft CMS は Solo 版以外は複数のユーザを登録することができ、またユーザグループを作成することで、ユーザがどのユーザグループに所属するかを選択することで細かく権限を分けることができます。

承認フローを使ったエントリの管理・公開が可能

承認フローを使ったエントリの管理・公開が可能

Workflow プラグインを使って承認フローを用意してエントリの管理・公開制御が可能です。


Craft CMS の使用例

bp出版社

bp出版社

出版社をイメージした簡易のサンプルになります。 よくある入力要素、必要なデータのパターンを用意してあります。


Craft CMS Tips

その他


Craft CMS で困ったら

フィールドの新規作成ボタンが出なくなった時はまずグループを作成しましょう

フィールドの新規作成ボタンが出なくなった時はまずグループを作成しましょう

フィールドは必ず何かしらのグループに所属する必要があるため、フィールドの新規作成ボタンが出なくなった時はまずグループを作成しましょう。

セクションとテンプレートの関連付け方法

セクションとテンプレートの関連付け方法

セクションはテンプレートと関連付けることでテンプレート側で簡単にセクション内のエントリデータを取り出すことができるようになります。


コンテンツ

PAGETOP